FX初心者の外国為替FX比較

外国為替FX投資入門!FX比較・FX取引初心者必勝法・口座開設・無料資料請求!

FXと外貨預金との違いは?


 外貨を利用しての資産運用というと、少し前までは外貨預金がFXよりもメジャーでした。
 外貨預金とFX取引、どちらも外国の通貨を扱いますが、どんな点が違うのでしょうか。

 外貨預金は、その名のとおり預金であって、投資ではありません。
 国内の銀行にお金を預けるのと同じイメージで、日本円が外貨に変わっているという感じですが、国内での円の預金よりも預け入れの利率がよくなっています。
 最もポピュラーなドルを1年預けたとすれば、年率4%程度になっています。
 預金は投資と違い、預けていたお金がなくなってしまうということはありません。

 それに対し、FX取引は投資です。
 大きくレバレッジをきかせ、勝負に出るような運用で失敗すれば、預けていた証拠金がなくなるばかりでなく、取引業者に対して負債が発生する可能性もあります。
こうみていくと、外貨預金の方が良いのでは?と思えますね。

 しかしそうではなく、堅実な運用さえすれば外貨預金よりもFXの方がメリットがあります。
 まず、FXは外貨預金よりもかなり利率がよくなっています。
 1ドル=113円の為替レートでのドルの外貨預金の場合、1万ドル分を1年間預けてつく利息は大体2万円くらいです。
 同じ条件でFXの場合だと、5万円を越える金利がつきます。
 しかも手数料も外貨預金よりもずっと安くなっています。
 レバレッジを1倍とか3倍という手堅いものにしておけば、証拠金がなくなってしまうという心配もなく、外貨預金よりもずっと多くの金利を手にすることができるのです。


FX初心者の外国為替FX比較
copyright(c) FX初心者の外国為替FX比較
All Rights Reserved.


手相占い・無料占い