FX初心者の外国為替FX比較

外国為替FX投資入門!FX比較・FX取引初心者必勝法・口座開設・無料資料請求!

FX取引のリスク


 FX取引は、株取引や外貨預金などの他の投資と比べて様々なメリットがあるというお話をしてきましたが、それでも投資であることには変わりありません。
 投資は大きく利益を得ることもできますが、ひとつ間違えば資産がゼロになるばかりか負債を負ってしまうこともあります。
 FX取引において考えられるリスクは、以下のようなものが挙げられています。

◆為替変動リスク
 為替相場が変動することによってリスクが生じる可能性があるというものです。
 簡単にいうと、購入した時よりも通貨の価値が下がることによって負うリスクです。
 たとえば1ドル=115円の時に買ったドルが、保有している間に1ドル=110円になったとすると、1ドルあたり5円の損失が発生するというようなものです。

◆金利変動リスク
 FX取引には保有しているポジションに対してスワップポイントが発生します。
 2通貨の間で生じる金利差で、取引する通貨ペアによって受取ることができる時と、反対に支払わなければならない時とがあります。
 スワップポイントは常に一定ではなく、日々変動するものなので、相場の動向によって思いの外高いスワップポイントを支払う必要が生じることがあります。
 金利の高い通貨で金利の低い通貨の売買をしないか、する場合には長く保有しないことで避けられるリスクです。

◆流動性リスク
 FX取引は株取引よりも流動性があり、売買取引が成立しないということは少ないとされています。
 しかし、あまり活発に取引されていないマイナーな通貨で取引をしようとすると、流通量が少ないために取引が成立しなかったり、自分が注文を出していた価格とはまったく違う価格で取引が成立してしまうこともあるというリスクです。
 思惑と違う取引の成立を避けるためには、指値注文で発注処理をすることです。 

◆システムリスク
 FX取引はオンライン上で売買取引が行われることが多いものです。
 そのため、取引をしているFX業者にシステム障害が発生したり、自分が使っているパソコンに障害が起きるなどのトラブルが発生すると取引のタイミングを逃すことがあるというリスクです。
 システム障害時にはバックアップサイトが機能するなど、対応をしている業者を選ぶことで軽減できます。

◆信用リスク
 FX取引をする際には、自分の資産をFX業者に預けます。
 取引に必要な証拠金と、保有している通貨に対して発生したスワップ金利や、売買取引によって得た利益などです。
 何等かのトラブルが取引をしているFX業者に起こり、破綻してしまうような事態になった場合、投資家の資産までも巻き添えをくってしまう場合があるというリスクです。
 FX業者の中には、顧客の資産と自社の資産とを分別管理している業者がありますので、そうした業者か、もしくは取引会社が倒産しても投資家の資産が法的に守られる「くりっく365」で取引をすることで回避できます。

 これらのリスクは、信頼性の高いFX業者と取引をしていたとしても起こる可能性があるものです。
 事前にFX取引の仕組みを充分に理解した上で始めることが大切です。


FX初心者の外国為替FX比較
copyright(c) FX初心者の外国為替FX比較
All Rights Reserved.


最新減量法!健康ダイエット!