FX初心者の外国為替FX比較

外国為替FX投資入門!FX比較・FX取引初心者必勝法・口座開設・無料資料請求!

FXで重要となるのはレバレッジ


 FX取引において大きな特徴といえるのは「レバレッジ」です。
 レバレッジというのは「テコの原理」で、少ない資金で大きな取引ができるシステムです。

 たとえば、10万円の証拠金で取引を始める場合、株であれば手持ちの資金分の銘柄しか購入できません。
 しかしFXでは、たとえばレバレッジを10倍にすれば、100万円分の取引ができることになるのです。
 レバレッジをきかせた分だけ大きくなるのは資金だけではありません。
 スワップ金利も、レバレッジの掛け率分大きくなります。
 年利3%のスワップ金利であれば、30%の年利になるということです。
 考えられないような利率ですね。

 しかし、レバレッジはただ単に利益を増やす、資金を増やすためだけに安易に大きくすると、大きなダメージを受ける危険があります。
 場合によっては、手持ちの資金を全て失ってしまうことにもなりかねないのです。
 同じ証拠金でレバレッジの掛け率によってどう違いが出るのかをみてみましょう。

 証拠金は10万円、1ドル=100円のレートでアメリカドルを買った場合で考えます。
 10倍のレバレッジで1万ドルを購入し、レートが1円下がった場合、1万円のマイナスになります。
 レバレッジを倍の20倍にすると、10万円の証拠金で2万ドル購入できます。
 この時、10倍の時と同様にレートが1円下がったとすると、2万円のマイナスになります。
 つまり、レバレッジを倍にしたことで購入できたドルの額は増えましたが、マイナスとなる額も倍になったということです。

 レバレッジにはこのような危険もあるということをしっかりと認識し、長期運用に高いレバレッジをかけるようなことはしないようにすることが重要です。


FX初心者の外国為替FX比較
copyright(c) FX初心者の外国為替FX比較
All Rights Reserved.


山形県 消費者金融