FX初心者の外国為替FX比較

外国為替FX投資入門!FX比較・FX取引初心者必勝法・口座開設・無料資料請求!

逆指値注文(ストップ注文)


 逆指値注文というのは、その名のとおり、指値注文の逆の形で注文を出す方法です。
 ストップ注文とも呼ばれています。

 指値注文では、注文を出す時点でのレートよりも下がったら買う、または上がったら売るというように、自分が有利な条件になるようにレートを指定して注文を出しますが、逆指値はその逆で、自分が不利になるようにレートを指定して注文を出すことになります。
 つまり、現在のレートよりも下がったら売る、上がったら買うというように、レートを指定するのです。

 指値注文は、指定したレートになった時に注文がヒットしますが、逆指値注文では指定したレートを超えたらヒットすることになっているので、成立価格と指定した価格とがずれることがあります。

 逆指値注文を使うのは、保有しているポジションが大きく値を崩す気配がある時に、損失を最小限に抑えたい時です。
 そして、それとは逆に上げ相場がまだ続きそうな時に、それを見越して利益を得るために使うという方法もあります。


FX初心者の外国為替FX比較
copyright(c) FX初心者の外国為替FX比較
All Rights Reserved.


無料ダイエット方法