FX初心者の外国為替FX比較

外国為替FX投資入門!FX比較・FX取引初心者必勝法・口座開設・無料資料請求!

大きな損失を負わないためのシステム


 FX取引では、レバレッジをきかせて少ない資金で大きな取引ができるという特徴があります。
 しかし、闇雲にレバレッジを大きくすると、市場の動向が予想外の下落をした場合に大きな損失を被ることがあります。
 そうした場合の投資家のダメージを少しでも小さく留めるために、FX業者には対処策が設けられています。
 それが「マージンコール」と「ロスカット」です。

 マージンコールというのは、取引口座に預け入れている証拠金があらかじめ定められた割合を下回った時に発生するもので、設定率は、50%というルールになっているのが一般的です。
 たとえば、10万円の証拠金でレバレッジを10倍に設定し、1万ドル分を購入した場合、1ドル=100円のレートだとすると、1円レートが下がったら1万円のマイナスになります。
 マージンコールが発生するのは証拠金が50%を下回った時なので、レートが5円下がり、5万円の損失が出るとマージンコールとなります。

 また、購入時の価格とレバレッジの掛け率とで、マージンコールがどの時点で発生するかを算出することもできます。
 その場合の公式は、購入時のレート×(1−マージンコールの発生率÷100)÷レバレッジの掛け率となります。
 先述の1ドル=100円、10倍のレバレッジでマージンコールが50%の場合は、
 100×(1−50÷100)÷10=5となり、5円レートが下がるとマージンコールが発生するという計算です。

 マージンコールのシステムを採用しているFX業者では、毎営業日ごとに一定時刻の時価での値洗いを一定間隔で行い、マージンコール率を下回った顧客に対してマージンコールを送っています。
 マージンコールの内容は、証拠金の追加入金をするか、もしくはポジションを決済して証拠金の維持率を上げるか、どちらかの対処をするよう促すもので、メールが届くか、取引画面上でお知らせが出ることもあります。

 もしもマージンコールが発生しても何の対処もせず、さらに証拠金の損失額が増えた場合にはどうなるかというと、「ロスカット」のルールに則り、強制的にポジションの決済が行われます。
 マージンコールは、FX業者によって採用しているところとしていないところがあります。
 資産を守るためには、マージンコールがあるFX業者を選ぶことがポイントです。


FX初心者の外国為替FX比較
copyright(c) FX初心者の外国為替FX比較
All Rights Reserved.


コールドプレイ着うたダウンロード試聴無料