FX初心者の外国為替FX比較

外国為替FX投資入門!FX比較・FX取引初心者必勝法・口座開設・無料資料請求!

スワップポイント


 異なる2通貨によって資産運用するFX取引で、利益が発生するパターンはふたつです。
 ひとつは、レートの上下動に沿った売買取引によって利益(キャピタルゲイン)を得る方法。
 そしてもうひとつが、2国間の金利差による差額によって利益(インカムゲイン)を得る方法です。
 「スワップポイント」というのは、後者の2国間の金利差のことを指します。
 ここでいう金利というのは、各国の政策金利のことです。

 スワップポイントで利益を得る基本パターンは、金利の低い通貨を売り、金利の高い通貨を買うことです。
 買いポジションを持つことで2通貨で発生する金利差を利益として受取ることができることになっています。
 しかし、ポジションを翌日以降に持ち越さない場合には、スワップポイントは発生しません。

 金利が高いことで知られるオーストラリアドルと円との取引を例に挙げ、スワップポイントの仕組みをみてみましょう。
 09年4月時点の2国の政策金利は、日本が0.1%、オーストラリアが3.0%です。
 日本円を売ってオーストラリアドルを買い、オーストラリアドルの買いポジションを保有すると、金利の支払は日本円の0.1%、受取り金利がオーストラリアドルの3.0%となり、差額の2.9%分がスワップポイントとして発生します。
 金利は年率ですが、スワップポイントは日割り計算で、ポジションを保有している間は毎日貯まっていきます。
 スワップポイントが発生する時間は、ニューヨーク時間の17時(日本時間の7時)になっていることが大半です。

 反対の売りポジションの場合はどうかというと、金利の高い通貨を売って金利の低い通貨を買う取引になるため、差額の2.9%分のスワップポイントを支払うことになります。
 この場合、円の価格が上昇し、支払うスワップポイントを為替差益が上回れば利益が発生します。

 スワップポイントを受取ることができる買いポジションを持っていたとしても、円の価格が上昇することで生じた為替差損が受取るスワップポイントを上回ると、損失を被る可能性があります。
 また、2通貨の金利差が逆転するようなことがあれば、スワップポイントの支払いが発生することもあります。
 リスクを避けるためには、日々変動するスワップポイントをしっかりとチェックしておくことが重要です。
 また、スワップポイントはFX業者によって異なるため、スワップ狙いの運用を希望する場合は、高スワップのFX業者を選ぶ必要があります。


FX初心者の外国為替FX比較
copyright(c) FX初心者の外国為替FX比較
All Rights Reserved.


千葉県 日払いバイト申込みサイト