FX初心者の外国為替FX比較

外国為替FX投資入門!FX比較・FX取引初心者必勝法・口座開設・無料資料請求!

2WAYプライス


 為替関連のニュースを見ていると、「米ドル/円 ○○−○○」というレート表示を目にすることがあります。
 これを「○円から○円の推移」というような表現をしていることがありますが、正解ではありません。
 では何を示しているかというと、売り値と買い値です。
 このように、売る場合と買う場合の価格を同時に提示しているものを「2WAYプライス」または「2WAYクォート(Two Way Quote)」といいます。

 09年4月10日時点の米ドル/円で「100.32-100.34」と提示しているFX業者がありました。
 この場合、左側に表示されているのが買い値(ビッド(Bid)、右側に表示されているのが売り値(アスク(Ask)または「オファー」です。
 つまり、投資家が「1ドル100円32銭で買います、100円34銭で売ります」と価格を提示しているということです。

 売り値と買い値の両方を同時に提示する理由は、高く売って安く買うという業者の不正を防ぎ、透明性の高い売買取引を行うためです。
 売りたいのか、あるいは買いたいのかという意思表示をせずに両方の価格を提示してどちらの注文もできるようにし、売り値と買い値の開き(スプレッド幅)を示すことで公正な取引を行うことができるのです。

 2WAYプライスは、インターバンク市場(銀行同士で為替取引を行っている市場)で採用されている方法です。


FX初心者の外国為替FX比較
copyright(c) FX初心者の外国為替FX比較
All Rights Reserved.


高収入日払いアルバイト求人サイト集