FX初心者の外国為替FX比較

外国為替FX投資入門!FX比較・FX取引初心者必勝法・口座開設・無料資料請求!

損切り


 FX取引において、利益を得るための知識を蓄えること以上に大切となるのが「損切り」を徹底できることです。
 レバレッジをきかせた取引の場合、高レバレッジの取引ほど少しの相場の変動が命取りになるほどの損失を生みます。

 たとえば、証拠金10万円、10倍のレバレッジで1万ドルを購入した場合、1円レートが下がると1万円の損失です。
 これが10倍のレバレッジの100倍になるとどうかというと、損失も10倍の10万円になり、資金がゼロになります。
 そうなる前に小さな損失のうちにポジションを売って決済しリスクを小さく留めることが「損切り」です。

 FX業者には「ロスカットルール」というものがあります。
 証拠金の維持率が、あらかじめ定められた割合を下回った場合、強制的にポジションが決済され、損失の拡大を食い止めるためのルールです。
 ロスカットの割合は、レバレッジによって変わります。
 少しの変動が大きな損害となる高レバレッジでは、ロスカット率が高いパーセンテージで設定され、レバレッジが低い場合にはロスカット率も低いパーセンテージとなります。

 ロスカットが実行される前に、証拠金が50%を下回った時点で警告される「マージンコール」を採用しているFX業者を選ぶとともに、自身でも資産状況をしっかりと把握し、損切りをするラインを決めておくこと、逆指値注文を活用し、不意の下落に対処できるようにしておくことがリスクを軽減するためには重要です。


FX初心者の外国為替FX比較
copyright(c) FX初心者の外国為替FX比較
All Rights Reserved.


10代女性の携帯着せ替え特集!